EDUCATION & SUPPORT

研修・評価制度 TRAINING & EVALUATION

「年齢に関係なく、人はいつでも成長することができる」。そう考える当グループは、やる気とアイデアがある社員の背中を押す教育体制と、モチベーションを持ち続けられる評価体制を整えています。

研修制度 経営層まで続く
研修があります。

階 層 別 研 修

一人でも多くの経営人材を育てるために、入社時から、経営役職者になってからもフォローする研修プログラムを構築しました。成長を本人任せにすることなく、あなたのやる気をサポートする体制があります。

  • 内定者研修

    社会人として必要な基礎知識・心構えを学ぶと同時に、将来のキャリアイメージを創ります。

  • 入社時研修

    ヤマトグループのルールとマインド、ビジネスマナーを学び、当グループ社員としての基礎を身につけます。

  • フォローアップ
    研修

    全国にいる同期が集まり、日々の業務を改めて振り返り気付きを得ることで、成長につなげます。

  • 業務役職
    候補者研修

    業務役職者を目指す社員が、支店経営に必要な知識、リーダーに必要なスキルと心構えを学びます。

  • 業務役職者
    研修

    リーダーの役割・使命を確認し、組織運営スキルと部下育成スキル開発を支援します。

  • 経営役職
    候補者研修

    経営役職者候補を対象に、企業経営や事業推進、新規事業の創出・拡大に必要なスキルを学びます。

  • 経営役職者
    研修

    経営役職者に就いた後も、戦略的思考やリーダーシップなど地域経営者としてのスキルアップを支援します。

クロネコビジネスカレッジ

変化の激しい社会で成長するためには学びの継続が欠かせません。また、組織で働くうえではアイデアのぶつけ合いによって、より良いサービス創造につなげることも重要です。教育プログラム「クロネコビジネスカレッジ」はスキルを伸ばす場だけでなく、所属や業務の異なる社員と交流できる場でもあります。学びやディスカッションを通じて、さまざまなスキルを磨いてください。

問題解決力系研修
ロジカル
シンキング
ロジカルシンキングを身につける上で役立つロジカルツリーやピラミッドストラクチャーを学び、相手にわかりやすく伝えるための思考・情報の整理力を鍛えます。
デザイン
思考
直感や才能に依存しないアイデア創造のプロセスを体系的に学びます。受講者内で同じプロセスを共有することで共通言語が生まれ、質の高い議論ができるようになります。
受講者の声

研修を受講して、ロジックツリーが実際の業務でも用いることができると感じた。紙に書きださなくても、そのような考え方ができると色々なことが整理しやすいと感じた。研修は座学だけでなく、グループでの演習も多かったので、ロジックの使い方を感覚的にも理解することができた。考える機会が多かったのは非常に満足している。

業務遂行力系研修
PDCA
業務の質や効率性を継続的に改善する方法を学びます。タスクの抜けもれや手戻りが少なくなり、仕事の効率化にもつながります。
対人関係力系研修
コミュニ
ケーション
社内外の人と円滑なコミュニケーションがとれるようになり、業務品質向上につながります。多様な人が働く職場で自ら働きかけ、主体的に仕事を進められるようになります。
プレゼン
テーション
営業での提案力や会議での発言力、企画書作成スキルの向上を目指します。また、自分のプレゼンテーションのクセに気づき、改善ポイントが明らかになります。
ファシリ
テーション
会議や議論を効率的かつ効果的に進行するためのスキルを習得できます。普段のコミュニケーション能力を向上させるテクニックも盛り込まれています。
巻き込み力
向上
周囲の人的資源の活用によって業務品質の向上を目指します。また他者との関わり方が変わることで良好な人間関係の構築に繋げます。
受講者の声

研修では自己理解、他社理解、ネガティブをポジティブへ切り替える手法などを学んだ。いずれも業務内外で即活用できる内容だと感じており非常に満足している。コミュニケーションの奥深さについて学ぶことができた。学んだことを活かして上長や同僚と会話をする際に、アサーティブコミュニケーションなどの学んだ手法を用いたいと考えている。

プレゼンテーションを行うためのコツやポイントを多く教わったと感じている。実践する機会が控えているので話し方など、研修後の業務内で実践したいと感じた。会議では、かじ取りをしっかりしないと方向がぶれてしまうので、ファシリテーターのスキルの重要さがわかった。さまざまな打ち合わせに参加して、その際に進行役になる場面があるので、実践していきたい。

リーダーシップ力系研修
フォロワー
シップ
職場でどのように「フォロワーシップ」を実践していくか、具体的なイメージを持つことができます。今から発揮できるリーダーシップとは何か、受講生同士で考察を深めます。

※フォロワーシップとは、目的達成に向けての支援型リーダーシップです。

リーダー
シップ
リーダーシップに関する幅広い知識と、メンバーを動かすための観点およびストーリーテリングの手法を習得することができます。
受講者の声

リーダーシップの中でも、常にリーダーではなく、フォロワーであり、リーダーでもある立場が組織ではよくあるので、両方の立場が学習できたのが今後の参考になった。リーダーシップとは「ガンガン引っ張っていく」というイメージだったが、支える形でのリーダーシップのとり方もあるということで、良い意味でイメージを変えることができた。

その他専門能力系研修
アカウン
ティング
どんな仕事をしていても、それが会計数値にどうつながるのかを意識し、理解できるレベルを目指します。
マーケ
ティング
経営戦略
「マーケティング」「経営・事業戦略」について必要となるフレームワークを網羅するだけでなく、実践プロセスを体得し、業務で活用できるようになります。
受講者の声

普段の仕事では考える機会が少ない、「経営の全体像」について味わうことができた。研修は受講者に考えさせるスタイルだったので、受講していて学びを得られたと感じている。今までお金を数字でしか把握できていなかったが、研修でお金の出入りに対して現実感を持つことができた。今まで言葉でしかなかった入金サイトが経営にとって重要なものだと実感した。

評価制度 成長意欲を高める
評価制度があります。

多面観察

評価対象者1名につき、無作為に抽出した回答者に、日頃の行動や業務への取り組み姿勢を回答してもらうことで、さまざまな視点から客観的な評価を受ける、更なる自己成長に結びつけるための仕組みです。

多面観察イメージ
※人事考課は各社が実施しています。

サポート体制 SUPPORT

ワーク・ライフ・バランスや働き方改革など、働き方の見直しが活発になっています。ヤマトグループでは、社員一人ひとりの仕事の充実だけではなく、より豊かな人生を送れる会社であるために、多彩なサポートを用意しています。

SUPPORT 01 育児サポート

  • 育児休業

    子どもが1歳を迎えるまで取得可。配偶者も育児休業を取得している場合は、子どもが1歳2カ月を迎えるまで取得できます。状況により、2歳の誕生日まで延長も可能です。

    育児休業取得者
    ヤマトグループ 821
  • 育児短時間勤務

    子どもが小学校6年生終了時まで取得できます。1日4〜8時間の勤務体系から状況に応じて選択します。1人の子どもについて2回まで取得可能です。

    育児短時間勤務利用者
    ヤマトグループ 604
  • 子どもの看護休暇

    就学前の子どもについて、1人であれば年5日、2人以上の場合は年10日まで取得できます。

SUPPORT 02 介護サポート

  • 介護休業

    対象家族1人につき、通算365日を上限として取得できます。

  • 介護短時間勤務

    対象家族1人につき、最長4年間取得できます。1日4〜8時間の勤務体系から選択します。※一部7時間制度を採用している会社があります。

SUPPORT 03 ワークライフバランス

  • 1週間連続休暇

    1年に一度、希望した時期に1週間の休暇を取得できます。