小田有季奈

営業というより、ほぼコンサルティングだ。

ヤマトグローバルロジスティクスジャパン株式会社
貿易物流サービスカンパニー
ソリューション営業課 アシスタントマネージャー

小田 有季奈 おだ ゆきな

2010年入社

働く様子01

ヤマトグループの機能を、フル活用する。

8歳までアメリカで生活、日本の大学では英語を専攻していたこともあり、語学を活かせる仕事に就きたいと考えていました。企業活動と物流は密接な関係があり、幅広い業界に携われると思い国際物流を担う当社への入社を決意。現在は、貿易物流のソリューション営業として働いています。輸出入が発生する企業に、通関業務や航空便、船便の輸送手配などを基軸にした、日本から海外または海外から日本への物流の最適提案です。メールのやり取りや海外出張など英語を活かせる機会が多いのは就職前の希望通りですが、この仕事の醍醐味は、ヤマトグループ各社の機能を最大限活用した提案ができることです。輸出入の効率化を図るだけでなく、消費者の手元に届ける部分はヤマト運輸、倉庫内の物流改善ならヤマトロジスティクスなど、お客さまのニーズに合わせた最適な提案をするために、各グループ企業と連携した大規模なプロジェクトを企画することもあります。

働く様子02

役員から、経営の相談をされた若手時代。

この職種は、コンサルティングに近い。働くなかで、つくづくそう思います。そのため顧客企業の役員の方との打ち合わせも多く、経営視点から物流のお話をされるため、自然とこちらもその視点が身につきます。営業配属となってすぐの入社3年目もそうでした。「中国に工場があるが人件費が高騰している。生産拠点を東南アジアに移そうと思うが、輸出入に不安がある」と、ある企業の役員の方から相談をいただきました。そこから半年間かけて通い詰め、輸送の不安解消はもちろんのこと、どの国に生産拠点を移すべきかという経営にまで深く入り込んだ提案をしたこともあります。職種名は営業ですが、何かを売るというより、経営課題に対して現状の調査・分析をして、企業成長を見据えたソリューションを提供する。企業経営に深く入り込めることが、この仕事の一番の面白さです。

一日の流れ

  • 出勤

  • 社内ミーティング

  • メールチェック、
    提案書・資料作成

  • お客さま訪問

  • 昼食

  • お客さま訪問

  • 社内・グループ会社
    打ち合わせ

  • 退勤

会社紹介

ヤマトグローバルロジスティクスジャパン株式会社 YAMATO GLOBAL LOGISTICS JAPAN CO., LTD.

世界にチャレンジする企業を、物流から支援する。
世界にチャレンジする企業を、
物流から支援する。

国際輸送のプロフェッショナルとして、あらゆる顧客課題に対するソリューションを提供。トータルソリューションの「貿易物流サービス事業」、海外転勤などに伴う「海外生活支援サービス事業」、高度な輸送技術が求められる「美術品輸送事業」を展開。お客さまの想いと課題に寄り添い、ビジネスを世界につないでいきます。

小田 有季奈のONとOFF

−わたしのONタイム−

働く楽しさも
後輩に伝えたいです。

ONタイム画像

メンバー7名をもつマネージャーとして、目下の目標は後輩や部下の育成です。働きやすい風土づくりに注力したいと考えています。当社のサービスを生み出すのは、「人」です。より良いサービス提供には人材開発は欠かせません。誇りを持って働ける、大きなチャレンジができる風土づくりに取り組んでいきたいです。

−わたしのOFFタイム−

ゴルフ、始めてます。

OFFタイム画像

平日は、退勤後にスポーツジムに通っています。ゴルフやバドミントンをするなど、体を動かして過ごす日が多いですね。また、結婚をしたこともあり仕事とのバランスを取りながら、温かい家庭を築いていきたいです。

OTHER PEOPLE