後藤崇利

日本中のトラックやバス、物流施設の整備・メンテナンスを担う仕事。

ヤマトオートワークス株式会社
経営管理室 人事総務担当

後藤 崇利 ごとう たかとし

2014年入社

働く様子01

物流業界を発展させる整備、メンテナンスを。

数万台のトラックやバスの車両管理・整備をする、物流施設の点検やメンテナンスをする、車両保険などの保険を提案する。ヤマトグループ向けのサービスより、むしろ他社との取引のほうが多い。「こんな会社、あるんだ」。すべての物流関連企業に貢献できるビジネスに興味を持ち、当社に入社しました。これまでさまざまな業務を経験してきましたが、思い出深いのは施設部門の営業を担当したときです。シャッターが下りない、トラックの出入りによる路面の荒れなど施設の不具合に対して修理を提案する、だけではありません。蛍光灯が切れていたらLEDに変更して電気代を下げるなど、いかに付加価値のある提案ができるかが腕の見せどころです。修理作業は協力会社にお願いしますが、どんな不具合なのか確認するため現場に行きますし、作業にも立ち会います。額にも脳にも汗をかき、キレイになった施設を見た瞬間は、いつも大きな達成感がありました。

働く様子02

チャレンジを応援する社風。

入社してこれまで、さまざまな部門を任されてきました。入社1年目は車両管理・整備部門の営業支援、2年目に施設管理部門の営業事務となり、3年目に営業を経験。4年目にはサービス企画をするようになり、5年目には経理などの内勤業務へ。そして今は人事総務担当として人事制度の企画や労務管理、採用支援をしています。20代でここまで幅広い経験ができると思ってもいませんでした。年齢に関係なくチャレンジさせてもらえますので、経験が浅いながらも「営業に挑戦したい」と上司に希望を伝えたところ、「よし!」と背中を押してもらい3年目に営業を任されました。また、社員に関わる重要な評価制度の設計にも入社5年目で携わらせてもらっています。他のグループ企業同様、ヤマトオートワークスもチャレンジを応援してくれる風土があります。だから、入社してからも思います。「やっぱり、こんな会社そうそうない」と。

一日の流れ

  • 出勤

  • 朝礼、メールチェック、
    当日のスケジュール確認

  • 人事制度関連の打ち合わせ

  • 昼食

  • 部内ミーティング

  • 会議資料作成等の
    デスクワーク

  • 営業所との電話やり取り

  • 退勤

会社紹介

ヤマトオートワークス株式会社 YAMATO AUTOWORKS CO., LTD.

物流にルーツをもつ会社だからこそ、解決できる経営課題がある。
物流にルーツを持つ
会社だからこそ、
解決できる経営課題がある。

ヤマトグループ内で進化させてきた車両管理ノウハウ、培ったスキルを日本中の物流事業者に提供、業界全体の発展に貢献するために設立されたのがヤマトオートワークスです。物流企業から誕生した私たちだからこそ、物流事業者であるお客さまの悩みに親身に寄り添い、抜本的な課題解決ができる。そんな思いを持って、車両整備、施設・設備マネージメントや保険を通じたリスクマネージメントなど、幅広いサービスを展開しています。

後藤 崇利のONとOFF

−わたしのONタイム−

誰もが活躍する
職場にしたいです。

ONタイム画像

モチベーション高くのびのびと働く現場社員を増やすことが、顧客満足向上となり、ひいては企業成長につながると思っています。当社は中途入社の社員も多く、さまざまな技能スキルをもつ人が働いています。自分の得意を活かして一人ひとりが輝けるような評価制度や職場環境を人事総務の面からつくっていきたいです。

−わたしのOFFタイム−

山登りでリフレッシュ。

OFFタイム画像

趣味が登山ということもあり高尾山、富士山、日本アルプスに登ったり、長野に温泉旅行に行くなどしています。また、家族に喜んでもらえるように、お得にレジャー施設を利用できたりする福利厚生制度を活用しています。

OTHER PEOPLE