[ ここから本文です ]

国連グローバル・コンパクトへの加盟について

 2014年4月、ヤマトグループは、国際連合が提唱する持続可能な成長を実現するための国連と企業の協力の枠組み「国連グローバル・コンパクト」に加盟しました。
 ヤマトグループは「国連グローバル・コンパクト」の10原則を支持し、事業活動のなかで実践することで、社会の持続的な発展に貢献するとともに、中期経営計画「DAN-TOTSU3か年計画 STEP」に基づき「健全な企業風土の醸成」を推進してまいります。

1.国連グローバル・コンパクトとは

 「国連グローバル・コンパクト」とは、1999年1月に開催された世界経済フォーラムにおいてアナン前国連事務総長により提唱され、2014年2月時点で145カ国12,139企業が加盟している世界的な枠組みです。加盟企業は、「人権・労働・環境・腐敗防止」についての国際的な指針に基づき、社会において持続的な成長を可能にするための事業活動を実施します。
 詳細は、「グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク」のホームページをご覧ください。

2.国連グローバル・コンパクトの10原則について

 「国連グローバル・コンパクト」は、これまで世界が合意形成してきた共通価値観を「人権・労働・環境・腐敗防止」の4分野10原則にまとめています。

人権

企業は、国際的に宣言されている人権の保護を支持し、尊重する。
人権侵害に加担しない。
労働

組合結成の自由と団体交渉の権利の実効的な承認を支持する。
あらゆる形態の強制労働を排除する。
児童労働を実効的に廃止する。
雇用と職業に関する差別を撤廃する。
環境

環境問題の予防的なアプローチを支持する。
環境に関して一層の責任を担うためのイニシアチブを取る。
環境に優しい技術の開発と普及を促進する。
腐敗防止

10 強要と賄賂を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む。
CSRの取り組み
  • トップメッセージ
  • CSRマネジメント
  • ヤマトグループの事業概要
  • 重要な取り組み 長期戦略の進捗に伴って私たちの社会的責任も大きくなっています。
  • 2017年度特集
  • 過去のハイライト
  • 経済
  • 安全
  • 環境
  • 社会
  • 社会貢献活動 検索ページ
  • ガバナンス
  • 社外からの評価
  • 第三者意見
  • CSR情報の掲載方針
  • ガイドライン対照表
  • CSRサイトマップ

このページのトップへ戻る