search

ニュースリリース

2020年03月24日

ヤマトホールディングス株式会社

Zホールディングスと連携し、本年6月からYahoo!ショッピングおよびPayPayモール出店ストア向けに
新たな物流サービスの提供を開始
~ECエコシステムの確立に向けた協業をスタート~

 ヤマトホールディングス株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:長尾裕、以下「YHD」)と、Zホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川邊 健太郎、以下「ZHD」)は、両社の情報資源やノウハウを活用し、ECに関する物流の最適化を通じて、お客さまの利便性の更なる向上に向けた取り組みを開始することで合意しました。
 両社の取り組みの第一弾として、2020年6月30日からZHDの子会社であるヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が提供するオンラインショッピングモール「Yahoo!ショッピング」および「PayPayモール」の出店ストア向けに、新たな物流サービスの提供を開始いたします。また、同サービスの申し込み受付を本日より開始します。
 本サービスでは、ストアの規模に応じて、受注から出荷・配送業務までの全体を代行する「フルフィルメントサービス」と一部機能を代行する「ピック&デリバリーサービス」を全国で提供します。
さらに、神奈川の一部エリアでは「ピック&デリバリーサービス」の当日出荷に対応し、順次エリアを全国に拡大していきます。

1.背景および目的

 YHDは、本年1月23日に発表した経営構造改革プラン「YAMATO NEXT100(以下、NEXT100)」に向け、サプライチェーンのスリム化や輸配送の最適化をEC事業者や物流事業者と協業して実現する「ECエコシステム」の確立に向けた取り組みを進めています。
 今回、両社の情報資源やこれまで培ったノウハウを活用することで、Yahoo! JAPANのサービスを利用するEC事業者、購入者の利便性を向上するとともに、物流事業者を含むあらゆるステークホルダーが成長し続けるサスティナブルな物流サービスの構築を目指します。

2.具体的な取り組み

 「Yahoo!ショッピング」および「PayPayモール」の各ストア向けに、データ連携を含む物流機能をパッケージ化した2つの物流サービスを提供します。
 商品の注文からお受け取りまでのリードタイム短縮を実現すると同時に、ストアでの物流に関わる業務負荷を軽減し、ストアにとっての物流コストの最適化、購入者の利便性の更なる向上を目指します。また、Yahoo! JAPANの運用に沿った形でのデータ連携・物流設計が可能になり、従来個社毎に物流事業者とやり取りをしていた手間が大幅に削減され、スムーズなサービス導入と運用が可能になります。
 さらに、将来的には蓄積されたデータを活用・分析し、需要予測を行うことで、最適な消費地への事前の在庫移動によるリードタイムの短縮やコスト削減を実現していきます。

(1)「フルフィルメントサービス」
 商品の保管から、受注、ピッキング、梱包、出荷、配送まで全ての業務をヤマトグループが提供するサービスです。

(2)「ピック&デリバリーサービス」
 お客さま倉庫で当日発送の対象商品をトータルピックしていただき、その後ヤマトグループのネットワーク上で、ピッキング、梱包、出荷、配送を行うサービスです。

3.今後の展開

 今後各ストアがそれぞれの事業規模・成長に応じた最適な物流サービスを活用できるよう、サービスラインナップを拡充してまいります。
 さらに、ECエコシステムの確立に向け、両社のデジタル基盤とオープンな輸配送ネットワークを融合させ、EC向けラストマイルサービスのさらなる高度化を検討してまいります。

以上

【報道関係お問い合わせ】

ヤマトホールディングス(株)コーポレートコミュニケーション担当  TEL:03-3541-4141